目次を自動作成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の紹介

ワードプレスで記事を作成していると、一つのページがボリュームの多い内容になってしまう時があると思います。
そんなとき、記事の頭に目次があると、訪れた方にも親切ですね。

でも、結構目次を生成する手間って大変です。
そこで、今回ご紹介するプラグインTable of Contents Plusは、自動で目次を生成してくれます。

見出し1(H1)から見出し6(H6)を使用することで自動で生成します。
デザインも選択できるので是非活用しましょう

Table of Contents Plusのインストール

ダッシュボードのプラグインから、プラグイン追加をクリックします
キーワードの脇のボックスにtable of contents plusと打ち込みます
舟の⚓マークのプラグインをインストールしましょう

tableofcontentsplus1-1

Table of Contents Plusの設定

ダッシュボードからプラグインの設定でこの画面を表示します。
上から順に設定していきましょう
①目次を表示させる場所を選びます
②見出しの数を指定して、それ以上になったとき目次が表示されます
③目次が表示されるページを選択
④目次の上の見出しを設定
⑤階層表示の設定
⑥番号を振るか設定
⑦目次を選んだ時に、スクロールするか一気に飛ぶかの設定です
⑧ここから下は目次のデザインです。基本は自動デフォルトで良いと思います
tableofcontentsplus1-2

デザインを選択したら、最後に必ず更新ボタンをクリックしてください
tableofcontentsplus1-3

目次を表示させたくない場合

記事を書いていて、中には目次を表示させたくない時があると思います。
そんなときは、こんなショートコードを記事内に打ち込めば表示されません。
tableofcontentsplus1-4

以上でWordpressプラグイン「Table of Contents Plus」の紹介は終了です
最後までお読みいただきありがとうございました



レンタルサーバー比較ランキング


おすすめ記事